監視委:日産に24億円の課徴金納付を勧告-有報の虚偽記載で - ブルームバーグ

監視委:日産に24億円の課徴金納付を勧告-有報の虚偽記載で - ブルームバーグ

証券取引等監視委員会は10日、日産自動車のカルロス・ゴーン元会長の報酬をめぐる有価証券報告書への過少記載を受け、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで、法人としての日産に対し、約24億2500万円の課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告した。

証券取引等監視委員会は10日、 日産自動車のカルロス・ゴーン元会長の報酬をめぐる有価証券報告書への過少記載を受け、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで、法人としての日産に対し、約24億2500万円の課徴金納付命令を出すよう金融庁に勧告した。 24億円の課徴金勧告を受けた日産自動車   東京地検のこれまでの調べでは、同社は2011年3月期から18年3月期の有報に、ゴーン元会長の報酬や賞与などを計約91億3800万円少なく 記載。課徴金の対象は、うち時効成立前の15年3月期から18年3月期と… [+448 chars]

Read full article | Read comments

0 comments

More business news