他者の感情を理解したり自分の感情をコントロールしたりする能力が高い生徒ほどいい成績を収める

他者の感情を理解したり自分の感情をコントロールしたりする能力が高い生徒ほどいい成績を収める

これまでの研究から、生徒の成績に影響を与える要素は本人の知性だけではなく、教師の固定観念や家庭の経済状況、睡眠サイクルなど多岐にわたることがわかっています。アメリカ心理学会が新しく発表した研究結果では、「自身の感情を制御したり他者の感情を理解したりする能力が高い生徒ほど、学校での成績が優れている」ことが判明しました。

Read full article | Read comments

0 comments

More science news